こども

水泳教室行きたくない!と言わせないための大きなポイントは友達です

水泳教室 行きたくない

水泳を習って欲しいのに「水泳教室は行きたくない!」と言われると困りますよね。

 

うちの息子も最初は行きたくないと言っていたのですが、あることをきっかけに「習う!」と言うようになり、今では3年以上通っています。

 

小さな子供に習い事をさせるために必要なものは、何よりも「お友達」です。

 

この記事では、私の子供が「行きたくない」と言ってた水泳教室に、通ってくれるようになったいきさつをまとめています。

 

これから通わせたいと思っているのであれば、続きを読んでみて下さいね!

 

水泳教室行きたくない!その原因は?

水泳教室行きたくない!

と子供に言われたら、親はただただ困るばかりですね…。

 

まずは、どうして行きたくないのか理由を聞くしかないのですが、

  • 水が怖い
  • つまらない
  • 上手く泳ぐことができない
  • 先生が怖い

など、理由は子供によって様々です。

 

うちの息子は水が苦手で、水に顔をつけるのにもびびる程の怖がりさんでした。

 

だからこそ、親としては水泳教室へ通ってほしいと思っていたのですが、当然本人は「嫌だ、行きたくない」としか言わなかったんですよね。

 

仲良しのお友達が大きなポイント!

『水泳教室には行きたくない』と言っていた息子が、『水泳習う!』と笑顔で言うようになったのには、大きな転機があったからでした。

 

通っていた幼稚園でのスイミングスクール体験が、めちゃくちゃ楽しかったようなのです。

 

深さが膝ぐらいまでの、浅いプールしか経験したことのない息子でしたが、見学に行ってみると、大きなプールで終始楽しそうにキャッキャッしていました。「これは水泳教室に通わせなければ!」と決断した瞬間でもありますね。

 

息子が笑顔になっていた理由は、【お友達と一緒だから楽しい】もうこれに尽きます!

 

親がプールへ連れて行っても、水が怖いから親にしがみついているだけですが、お友達が一緒なら、何もかもが楽しい!と思えてしまうから本当に不思議です。

 

同じ様に水が苦手なお友達と一緒に、それはそれは楽しそうにプールを満喫していました。

 

これを機に仲良しのお友達数人に声を掛け、スイミングの体験教室へ行くことになりました。

 

みんなも同じことを考えていたようで、「習わせたいけど嫌だと言われた」と言うママ友が多かったんですよね。

 

だから「声を掛けてくれてありがとう」と感謝されたぐらいです。

 

体験教室へ行ってみると、水の苦手な子どもたちでしたが、仲良しのお友達が一緒だというだけでとても楽しそうでした。

 

そして全員の子どもたちから「習う!」と言う答えが帰ってきたので、無事入会する運びとなりました。

 

それから3年、今も変わらず水泳教室を続けていますよ。

 

小学校では泳ぎを教えない!

私が息子を水泳教室に通わせたいと思った理由はただひとつ、【泳げるようになって欲しい】から。ただそれだけです。

 

小学校では泳ぎを教えない】と言うことを知り、これはきちんと教えなければ!と思いました。

 

私は泳ぎが得意ではありますが、子供に教えるのはまた別な話し。親の言うことなど聞かないですからね💦

 

しっかりと基礎から学んで欲しいなと思い、チャンスがあったらスイミングスクールへ通わせようとずっと考えていました。

 

でも、無理やり通わせるのも親のエゴですし、本人のやる気がないことには続けられないしな、と悩みのタネにもなりましたね。

 

焦る必要はない!小学生から始めれば大丈夫

我が家の場合は、幼稚園の年長さんから習い始めましたが、水泳を始めるタイミングは小学生からでも全然遅くはありません

 

むしろ、小学生から始めても十分じゃないかな?と思っています。

 

幼稚園から小学生になれば、お友達もぐーんと増えます。1年生の時にできた仲良しのお友達と一緒なら、嫌がらずに通ってくれるかもしれません。

 

息子が通っているスイミングスクールでも、小学生から始めている子はとても多いですよ。

 

ベビースイミングはあまり意味が無い?

水泳教室は、ベビースイミングからスタートすることができるところがほとんどです。

 

でもベビースイミングで水に慣れたとしても、それがずっと活きているかと言えば、そうではないようです。

 

ママ友自身が「ベビースイミングを習っていたけど全然泳ぎを覚えていなくて、今は泳げない」と言っていました💦他にも1年以上習っていたのに、泳げるようにならなかったママ友もいます。

 

早ければ良いということはないので、周りや家庭の状況を見て習わせるのがベストだと思います。

 

水泳教室に通うメリット・デメリット

水泳教室に通わせて良かったな~と思うメリットは「体が強くなった」と言うことです。

 

軽い喘息持ちだったのですが、今ではすっかり喘息が出なくなったのがとても嬉しいですね。

 

風邪もひきにくくなりましたし、体力もついてきたなと実感しています。個人差はあると思いますが、良いことはあっても、悪いことはありませんね。

 

自分ひとりで着替えなどの準備をするので、服をたたむ練習にもなりますし、進級テストのために「がんばる」ことを覚えてくれる、と言うメリットもあります。

 

泳げない大人にならないために

私自身、いつ泳げるようになったかは覚えていないのですが、親から教えてもらった記憶は全く無いんですよね。

 

でも今の小学校では泳ぎは全く教えずに、プールの授業では「泳げる人」と「泳げない人」に分けられると言うのを聞いて、「え?」と思いました。

 

そんな風にわけられてしまうなら、泳げる方がいいですよね。

 

大人になって泳げなかったら、溺れている子供を助けることもできません。だから、自分の子供には泳げるようになって欲しいと思い、水泳教室にだけは通って欲しいと思っていました。

 

仲の良いお友達が一緒なら、何もかも楽しいので続けられることができますよ。もしお子さんが「水泳教室行きたくない」と言っているのであれば、一緒に通えるお友達がいないか、探してみて下さいね。

  • この記事を書いた人

なみこ

テレビ大好き主婦なみこです。料理が大嫌いでパソコンとネットが得意なアラフィフ母さん。お笑いと食べることが大好きなテレビっ子です。テレビで見た面白いことや子育てに関する経験を発信して行きます。

-こども
-

© 2021 ママつぶ