こども

幼稚園児から小学校低学年まで使えるおすすめの水筒はコレ!

2017年9月18日

幼稚園から小学生まで使えるおすすめ水筒

幼稚園の入園準備、小学校の入学準備に欠かせない子供用の水筒選び、迷っていますか?

 

我が家で実際に、幼稚園から小学校2年生までの5年間使い続けた、おすすめの水筒をご紹介します!

幼稚園児から小学校低学年まで使える水筒

幼稚園児から小学校2年生まで、ずっと使い続けた水筒がこちら。

幼稚園から小学校低学年まで使えるサーモスストローボトル

保冷タイプなので夏は氷も入れられますし、プラスチックの水筒と違って外側に汗をかく(水滴がつく)こともないので、とても使いやすいんですよ。

 

幼稚園の頃ってストロータイプじゃないと飲むのが難しいので、このタイプがベストです!

でも、小学生になってもストロー?と思いますよね(^_^;)

 

うちの息子の場合、くわえてがぶ飲みするタイプの水筒が苦手でして、このサーモスストロータイプがぴったりでした。小学生になったからと言って突然たくさん麦茶やお水を飲むようになるわけではないので、容量も400mlで十分間に合います

 

ただ、小学校で学童へ行く予定があったり体が大きめのお子さんの場合は、400mlでは足りないかもしれませんね。

プラスチックの水筒は壊れる

なんで最初からこれを見つけなかったんだろう?と不思議でならないのですが、幼稚園児向けの水筒ってなぜかプラスチックのものばかりが並べられているんですよね。

 

子供用品の水筒売り場にサーモスなんて、ひとつも置いていなかったんです。だからネットでサーモスに出会うまではプラスチックタイプのキャラ物を購入しては壊して新しいのを探す、と言うことを数回繰り返していました💦

 

見て下さい、この水筒の数々を…。プラスチックストローボトル

恐らく4個は壊したと思いますが、サーモスを使い始めてからは水筒の悩みとはおさらばできました。

 

一番右端のミッキーマウスの水筒はなんと100円!ちっちゃくて、幼稚園の年少さんにはぴったりでしたが、部品がバラバラにならないので洗残しが気になり、使うのをやめました。

 

スヌーピーのボトルがとても良かったのですが、これも壊してしまったんですよね…。

 

真ん中のトミカはデザインがお気に入りでしたが、直のみタイプだったので大量にこぼすことが多く、制服をびちょびちょに濡らして来ることもありましたね(笑)

 

とにかくプラスチックタイプは、床に落としたりすると壊れやすいので注意が必要です。

もう少し大きめストロータイプの水筒

小学生になっても、いや2年生になってもなおサーモスの水筒を使っている息子ですが、夏の間だけ使っているのがもう少し大きめで600mlのこちら。

象印 ストローボトル

象印の水筒です。こう見えてストロータイプなんですよ!

象印 水筒

コップに注いで飲むこともできる二通りの使い方が可能な、2WAYタイプです。

 

ストローの何がいいって、歩きながらでもこぼさずに飲める所ですね。

 

食洗機対応で洗うのが楽な水筒

水筒ってここ数年の間に幼稚園、学校で普及しましたが、親御さんの悩みとしては毎日洗わなければならないところですよね。

 

ひとりならまだしも、きょうだいが数人いたら、毎日数個の水筒を洗わなければならないんですから酷いものです。

 

でもそんな辛い家事をなくしてくれる水筒がついに出たんですよ!もう買う気満々の、食洗機対応のサーモスボトルです!

本体だけでなく、部品全部が食器洗浄機で洗えてしまうというスグレモノです。専用のカバーもあるので学校へ持っていくのも大丈夫。

子供から大人まで使えるカラーだし、かわいいですよね。ボトルをしっかり守ってくれて、斜めがけもできるので小学生もぴったりです。

まとめ

幼稚園の頃は、まだまだお水を飲むのもぎこちないですよね。こぼすことも良くあるので、水筒はこぼしずらく飲みやすいストロータイプがおすすめです。

 

パッキンやストローの換え部品も販売されているので、一緒に買っておくといいですよ。

 

小学生になっても急激に飲む量が増えるわけではないので、低学年のうちは幼稚園と同じもので十分だと思います。

 

お子様に合った水筒を選んでくださいね♫

  • この記事を書いた人

なみこ

テレビ大好き主婦なみこです。料理が大嫌いでパソコンとネットが得意なアラフィフ母さん。お笑いと食べることが大好きなテレビっ子です。テレビで見た面白いことや子育てに関する経験を発信して行きます。

-こども

© 2022 ママつぶ