家電

サンコー超高速水出し珈琲ボトルS-CBB21Bで水出しコーヒーが時短で完成

サンコー超高速水出し珈琲ボトルS-CBB21B

水出しコーヒーがおいしくて、自分で作るようになったのだけど、時間がかかって超めんどくさい!

 

そんな悩みを解消してくれるのが、サンコーの超高速水出し珈琲ボトルS-CBB21Bです。

 

12時間かかる水出しコーヒーを、最短だとたったの15分で作ることができちゃう、超絶便利なポット!

 

コンビニでも良く見かけるようになった「コールドブリュー」は、水出しコーヒーのことですよね。ペットボトル型で飲みやすいですが、コスパが良く無いので、できれば自宅でぱぱっと作りたいものです。

 

そんな願いを叶えてくれる、サンコー超高速水出し珈琲ボトルについて良いところ、悪いところをお伝えしますね!

 

サンコー超高速水出し珈琲ボトルS-CBB21Bを使う理由

サンコーの超高速水出し珈琲ボトル(S-CBB21B)を使う理由は、何と言っても「早い!」「簡単!」「おいしい!」からですね。

サンコー超高速水出し珈琲ボトルならわずか15分

一般的な水出しコーヒーは、専用のポットにコーヒーの粉と水を入れて、一晩冷蔵庫で寝かして作ります。だいたい9時間から12時間ほどかかってしまうんですよね(^_^;)

 

夜に作って朝飲む、と言うのであればそれでもいいのですが、作り置きがなかった場合や急なお客様にも出したい!なんてことも良くあると思うんです。

 

そんな場合は、夏でもホットコーヒーを出すようになってしまうのが難点でした。

 

でも、サンコー超高速水出し珈琲ボトルであれば、たったの15分で水出しコーヒーが完成しちゃうのが良いんですよ。「48分の1」の時間でできるんですから、超時短調理家電!と言えますよね。

 

S-CBB21Bなら3種類の味わいが選べる!

サンコー超高速水出し珈琲ボトルは、以下の3種類の味わいを選ぶことができます。

  1. さっぱり(15分)
  2. すっきり(30分)
  3. しっかり味わう(45分)

 

苦味が苦手で水出しコーヒーを飲み始めた方も多いと思いますが、さらにさっぱりした味やしっかり味わいたい、と言う願望も叶えられるのがいいんです。

 

朝起きてから作っても、十分間に合う時間設定ですよね。

 

サンコー超高速水出し珈琲ボトルのデメリット

サンコー超高速水出し珈琲ボトルはとても便利なものですが、ちょっとデメリットもあるんですよね(^_^;)

 

電源が「USB」のみ

 

サンコーレアモノショップの家電は、結構USB電源を使っているものが多いです。

 

ただ、USB電源を家庭用電源に変換するアダプタがありますし、100円ショップでも手に入るので、特にデメリットと言うほどでも無いかなぁと言う気もします。

 

ボトルにフタがない

完成した水出しコーヒーを冷蔵庫で冷やすのに、残念ながらボトルにフタが付いていないんですよね。

 

100円ショップなどで購入した麦茶ボトルなどに入れ替えて、保存するのが良いと思います。

 

サンコー超高速水出し珈琲ボトルのメリット

サンコー超高速水出し珈琲ボトルのメリットは、言うまでもなく短時間で水出しコーヒーが作れること。これに尽きます!

 

本格的なバキュームプレッシャー抽出式なので、美味しいコーヒーが飲めますよ。

 

LEDのタッチパネルで時間をセットするだけの簡単操作なので、迷うこともありません。

 

音がうるさいこともない静音設計ですし、本体は強化ガラスで丈夫です!スリムサイズなので、そのまま冷蔵庫のドアポケットにも入るのが便利ですね。

 

出来上がったボトルに、直接氷を入れて冷やしてもOKですよ。

 

 

朝の情報番組『ラヴィット』でも、便利家電として紹介されていました。今後、水出しコーヒーとともに、人気が爆発するかもしれませんね!

  • この記事を書いた人

なみこ

テレビ大好き主婦なみこです。料理が大嫌いでパソコンとネットが得意なアラフィフ母さん。お笑いと食べることが大好きなテレビっ子です。テレビで見た面白いことや子育てに関する経験を発信して行きます。

-家電

© 2021 ママつぶ